使用説明 ギャファーカッパールビー#075

ギャファーカッパールビー#075
取り扱い説明

ギャファーガラスは、特にスタジオグラスで使われる典型的なソーダガラスのバッチに適したカッパー・ルビー (銅赤) を新しく開発いたしました。普通のソーダガラスに粘性が似ているので徐冷中に発色し過ぎたり、色がくすんだりし難くなりました。これらの問題の原因は、通常の鉛の入ったカッパー・ルビーの徐冷温度がソーダガラスより低いためです。、

ギャファーはガラスが溶解され、製造途中に問題のないよう常に努力しておりますが、最高の色を得るにはご使用になるお客様の努力も必要となってまいります。当社の炉で発色された後、金,銀,またはカドミウム、セレニアムガラスの色と違いカッパー・ルビーは使用される皆様の熟練の技が必要とされます。

カッパー・ルビーは元来、色調の強い色であり均一に薄く吹かれた場合に一番良い発色をいたします。(理想的には閉じた形で0.5mm以下、開いた形で1mm) 短い作業時間を好み、加熱すると透明に冷めるにつれ色が戻ります。これは正常なことです。

作品に仕上がった後、正しい色と濃さを得るには徐冷炉の温度と時間を調節する必要があります。短時間で低温480oC (896oF) 以下ですと発色しにくく、発色しない可能性もあります。高温 520oC以上 (970oF) で加熱しすぎると、くすんだ暗い色になる可能性があります。また特に被せが厚すぎると不透明になる事もあります。600oC (1110oF) 以上の高温で熱処置を行うと発色しない事もあるので注意して下さい。
たいていの徐冷炉は内部の温度が一様でなく、カッパー・ルビーが炉内の様々な場所に置かれると、色々な濃さの色で発色いたします。カッパー・ルビーは徐冷炉内の温度の差異に非常に敏感です。最初は小さな作品で実験をお願いいたします。‘ガレージ’か‘トースター’は早く色の違いを見たい方に最適です。通常、時間と温度が増すにつれ色は直ぐに無色から強烈な赤に変わり、急激な温度変化を与えると不透明になります。

当社の経験では被せの厚さにもよりますが、満足できる色を出すにはおよそ500oC (932oF) 以上で約20~30分かけます。一日の終わりに作品を仕上げ、徐冷を始める場合は520o -550oC (970o-1020oF) で短時間加熱する事によりすばやく発色させることができます。その後すばやく徐冷点近辺の最低温度460oCまで下げることで、色の進行をとめ発色のしすぎを防ぐことができます.

Copyright Gaffer® Coloured Glass Ltd. 1998.

Newsletter

Movie